読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若手エンジニアの小言。

仕事で役立つTIPSを配信していきます。~世界で一番おしりとふとももの間を追い求めるブログ~

Fusion360 ~スカルプトで作業する前に~

こんにちは「たこ壺」です。

この記事では「Fusion360」でスカルプト環境で作業をする際に知っておいた方が良かった事をまとめます。

1.表示モードのショートカットキー

AUTODESK FUSION360 ヘルプ に記載されているショートカットキー「Alt+1~3」でスカルプト作業スペースのモードを切り替えることができます。複数のモードを行き来することで、モデルの微妙な調整が可能となります。普段ソリッド環境でモデリングされている方はスカルプトに慣れるために、基本をスムーズモードとして、微調整を直方体モードで作業すると捗ると思います。

「Alt+1」直方体モード

「Alt+2」コントロールフレームモード

「Alt+3」スムーズモード

 f:id:takotuboice:20170519003853p:plain

 

2.ゴーストボディを消す方法

スカルプト環境で作業しているとたまに茶色のボディ?ができて作業しづらかったのですが、いそぷろさんの記事を読んで解決しました。どうやらゴースト化された結果のボディが表示されていたようです。ありがとうございます。
 f:id:takotuboice:20170519003921p:plain

 

3.シェーディング表示を切り替える方法

スカルプトに慣れてくるとモデル全体の表情を把握するために、稜線を強調しない表示で確認したい時があります。しかし、稜線を強調しない表示にするには、表示設定を毎回マウスで操作する必要がありました。これは下の記事からアドインを入れることで解決できました。本当にありがとうございます。
*少しテキストエディタでコードを変更する必要があります。

f:id:takotuboice:20170519003933p:plain

 

4.スターポイントとティーポイント

最も戸惑ったのは「スターポイント」「ティーポイント」です。

スカルプトで作業しているとエラーが出ることがあります。そのエラー箇所を特定するのに必要な知識でした。四角形の要素のみで構成されるモデルが良いのですが、曲面や凸凹を表現しようとすると「スターポイント」や「ティーポイント」になる場所ができます。こういったスカルプト独特の要素と上手く付き合えることが肝だと感じました。

 f:id:takotuboice:20170519003949p:plain 

ちなみに私は下の動画で少し勉強しました。他にもFusion360」だけでなく「Alias Speed Form」や「Maya」の動画を見てもスカルプトのモデリング経験がない方には勉強になるかと思います。新しいソフトを使うと従来使用していたツールの再発見にもなるので良いですね。


何か皆さまのご参考になる内容があれば幸いです。

今日はここまで!みなさま良い1日をお過ごし下さい。